ディーンフジオカ妻ヴァニーナさんと双子のカイ君リンちゃんとのエピソードまとめ

スポンサーリンク

ディーン・フジオカ 基本情報

ディーン・フジオカ プロフィール

名前:DEAN FUJIOKA【藤岡靛、藤冈靛、téng gāng diàn】
本名:藤岡竜雄(ふじおかたつお)
ニックネーム:ディーン(広東語でcrazy)、フジタツ、アディーン(阿靛)
生年月日:1980年8月19日
国籍:日本
職業:モデル、俳優、映画監督、ミュージシャン
身長:180cm
血液型:A型
出身地:福島県須賀川市(千葉県鎌ヶ谷市で育つ)
高校:千葉県立船橋高等学校卒
大学:アメリカシアトルのITが専門のコミュニティ・カレッジ卒業(高校名不明)
家族:父、母、妹(藤岡麻美)、弟、妹

ディーン・フジオカ 略歴

2004年 コミュニティカレッジ卒業後アジアの様々な国を巡り、香港でスカウトされ俳優業開始
2005年 映画「八月の物語」映画初主演
台湾ドラマの創始者と言われる柴智屏と出会い契約し台湾デビュー
2006年 拠点を台北へ 台湾TVドラマ「極道学園」「ホントの恋の見つけかた」出演
2007年 台湾で初の映画「夏のしっぽ出演
2008年 上旬、柴智屏制作の台湾ドラマ「笑うハナに恋きたる」出演
2010年 日本統治時代の台湾に関する歴史を題材の長編映画「セデック・バレ」出演
2011年 「夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜」出演
台湾・台北・インドネシアなどのGMT+7〜+9の時間軸の中での活動スタイルを芸能プロダクションアミューズと双方共感し契約(2011年)
2012年 テレビシリーズ「ブラック&ホワイト」の映画版「ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉 Black & White Episode 1」出演(日本公開は2012年9月)
2013年 初の映画監督作「I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜」公開
2014年 アメリカTVドラマ「荒野のピンカートン探偵社」でアメリカデビュー
2015年 日本TV フジテレビドラマ「探偵の探偵」NHK朝ドラ「あさが来た」出演
2016年 日本TV TBSドラマ「ダメな私に恋してください」出演

西暦は正確にはずれている場合があります。参考までにどうぞ

ディーンフジオカと奥さんヴァニーナさんのエピソード

奥さんはオーストラリア育ちのインドネシア人
ヴァニーナ (Vanina Amalia Hidayat)さん。
中国系インドネシア人で福建華僑の血筋の女性です。

華僑とは、中国本土から海外に移住した中国人、そしてその子孫のことを表現する言葉で

そのほとんどが、二重国籍などの状態になっていて、

中華人民共和国の国籍を持ち、そのほとんどが

東南アジアに移住しています。

特に卓越した商売センスで、日本にも横浜中華街などで

飲食店を営んで暮らしている人も多いです。

家族・一族をとても大事にする人たちで

華僑の人たちは、簡単に人を信じない特徴があります。

ジャカルタで生まれたヴァニーナさんは、オーストラリアの学校で教育を受け

ディーンさんとの出会いは

アルバム「Cycle」でアレンジャーとして参加したDJ SUMO*など

横のつながりで知り合ったといいます。

(DJ SUMOもチャイニーズインドネシアの華僑)

ディーンさんと奥さんとの共通語は中国語でも、日本語でもなく「英語」

その端正な見た目から、「ワイルドで綺麗系」な印象のヴァニーナさん

ディーンさんがはじめて会った、台北でのディナーでの第一印象は

「暗い空間でサングラスをかけて、赤いドレスを着ていた女性」

だったそうですが、結婚して、一番近くで接するディーンさんは奥さんの容姿について

サンリオのキャラクターでカエルの「(けろけろ)けろっぴに似てる」と言っています。

ディーンフジオカ一家が日本に住むことが難しい理由

奥さんは日本語がほとんどできないため

彼女を思うディーンさんは上手い解決方法が見つからずにいます。

そういった意味で現状家族全員の日本での生活は実現が難しく

頻繁に会えないことが寂しいとおっしゃっています。
ヴァニーナさんのディーンさんへの第一印象は

「自分が知ってた“日本人”とは全く違って“ファイヤーボール”みたいな人」

だったそうで、ディーンさんも

「言葉数は少ないけど発言がストレートで要点を突いてて、エキセントリックな人」

と言っています。

芸名である「ディーン(クレイジー)」という意味がここでは逆転していて、何だかほほえましいお二人です。

ディーンさんが、奥さんを尊敬していることを表すエピソード

奥さんと一緒に習慣にしている「ストリートチルドレン」に会いにいった時

ヴァニーナさんは、空のスーパーのカゴを子供達に持たせて

「これに好きなだけ好きなものを入れなさい。薬や暴力などに手を出さず、しっかり学校に行きなさい。」

といったそう。その行動を見て

「この人すごい女性だな。」

と思い、そういうところを尊敬しているそうです。

結婚とプロポーズの言葉

そして、2人は4年半の交際の後、2012年に結婚。

「ここで別れたら、もう終わりかもしれない。」

日本へのフライトでホテルを出る前に

「結婚しよう」

とプロポーズしたそうです。

その場で奥さんは涙を流し、結婚を受けたそうです。

結婚のきっかけは「映画監督デビュー」だった?

実はプロポーズをしたときに向かう先は日本。

そこでの当時撮影中だった

「I am Ichihashi 〜逮捕されるまで〜」

での監督という仕事をする中で

ヴァニーナさんとの結婚を考えたといいます。

映画の仕事は、その立案から、完成まで、1年以上かかるのが当たり前の世界。

元々主人公としてキャスティングされていたディーンさんに

撮影途中から監督兼任のオファーがきます。

そしてその中でディーンさんは

「このサイクルを死ぬまでにあと何回できるんだろう」

と考えたとき、すぐに浮かんだのは奥さんとの結婚のことだったと言います。

大切な人との時間を持つことの幸せに気付いたこと

ヴァニーナさんとの結婚を後押ししたのでした。

ディーンフジオカにとっての家族とは?

家族とはかけがえのない存在と言います。

どんなことがあっても一番近くにいてくれる存在で

ディーンさんの求める「生きているからには最大限エンジョイする」

という場面を共有できるのが家族。

結婚してからは、

「妻と子供がいるから頑張ってこれた」

とも発言していて、ヴァニーナさんと知り合ってから

色んなアップダウンを経験し、弱ってるときや、上手くいかないときも一緒に隣にいてくれたことに、一番助けられたとか。

家族からの

「心配しなくていいって言ったじゃん!」

というような言葉が一番うれしく、何度も助けられたそうです。

カルチャーショック!奥さんとのエピソード

しかし、そんなふたりでもこれだけは譲れない!

というところもあるそうです。

室内での靴問題。

ヴァニーナさんはオーストラリアでの生活が長いことから

室内で靴を履くのは当たり前。

寝室のベッドの上まで靴で乗ることもあるそうで

さすがのディーンさんも、なんども言い争ったそうですが

そのことについては、今でも平行線をたどっているようです・・・

これも愛の力?でしょうか(笑)

フジオカ家の二卵性双生児カイ・リン

アメリカTVドラマ「荒野のピンカートン探偵社」撮影中に生まれたのが

ディーンさんの二人の子供。

2016年12月「夢の向こう側」で共演したヴァネス・ウーさんのインスタよりディーンさんと、リンちゃん(かな?)と。

@tfjok 👶💜 Good to see you again brotha! God bless you and your family ✞

Van Ness Wu ✞ 吳建豪さん(@vannesswu)が投稿した写真 –

当時撮影していた、極寒のウィニペグ(カナダ)から丸一日かけてジャカルタまで帰ひとっとび。

二卵性双生児の双子の男の子と女の子。

名前はカイ君とリンちゃん

一人っ子政策を進める中国では双子は例外として、戸籍を得ることができます。

特に中国では双子はめでたいことで、その中でも男女の双子を「龍鳳胎(ろんふぁんたい)」と呼び

羨望の対象であるそうです。天からの贈り物とはまさにこの事ですね!

現在では、長女リンちゃんがディーンさん似てるそうで、

いまでは毎日「ピカチュウ ピカピカ!」と言っているそうです

娘に報告

Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)が投稿した写真 –

しかし、生まれたての写真をみると、娘さんのリンちゃんはヴァニーナさんの小さい時と瓜二つ!

Mother vs Daughter #ILoveYouBoth

Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)が投稿した写真 –

反対に、息子のカイ君は

「静かで感情を見せないが、女性すき」

という将来有望?な性格ですが

子供の頃のディーンさんとそっくりでした!

Father vs son #copycatseries

Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)が投稿した写真 –

ディーンさんが子守唄を歌ったら泣きそうに・・・

子守唄にスマイル歌ったら泣かれそうになったわw

A post shared by Dean Fujioka 藤岡靛 (@tfjok) on

オイ兄弟!まじめな話、なんで俺には髪がないのに、お前には生えているんだ?!

Okay bro let's have a serious talk… why am I bold and you're not!?

A post shared by Dean Fujioka 藤岡靛 (@tfjok) on

インドネシアでは赤ちゃんにピアスは常識!?

インドネシアの産婦人科では子供にピアスを開けるサービスがあるということらしいですが

日本じゃありえないですね~

ディーン・フジオカ夫妻第3子妊娠

*2016-11-0110月30日に第3子の妊娠5ヶ月であることが、ファンクラブ「Fambam」で発表がありました。

メッセージでは、妊娠5ヶ月で安定期に入ったこと、新たなメンバーとして、迎え入れられることを、妻ともども喜んでいること。フィンランソロピーの気持ちを忘れずに、今後も一層仕事に励むことが記載されています。

2017年3月頃の出産になりそうですが、どんな子が生まれてくるのでしょうか?

ディーンさんのように、イケメンな子供?それとも奥さんのようなエキゾチックな美人さんでしょうか?

無事出産できることをファンとしても暖かく見守っていきたいですね。

3月11日第三子誕生!

#remember311 🙏 #godbless ✨

Dean Fujioka 藤岡靛さん(@tfjok)がシェアした投稿 –

ディーンフジオカさんのファンクラブ「Fambam」でジャカルタで第三子の男の子が生まれたという報告がありました。

ディーンさんの故郷である福島での震災があった3.11という日に生まれたことに、ディーンさん自身も「不思議な縁を感じています」とコメントしています。

男の子ということで、若くして「女好き(?)」のカイくんに続きフジオカ家の次男の誕生です。ファンの間でも祝福の声がディーンさんに届いているようです。第三子の誕生に際して「自分に残された時間の中で、後どれくらいのことができるのか?」ということを改めて考えたというディーンさん。

これからもどんどん「ネクストレベル」の活躍で素晴らしいパワーを発揮してほしいです。

「みんなの応援があるからこそできること」と本人が言うように、我々ファンもディーンさんの活動を支えて行きたいと改めて思います。

その後、週刊誌に奥さんのヴァニーナさんがディーンさんとの結婚前に子供を産んでいたという記事が掲載され話題になりました。ネット上でも色々と言われ、一部では悪く捉える方もいるかとは思いますが、ファムバムメンバーである以上はディーンさんを信じています。

人生は色々あるもので、その人の人生をすべてすることなんてできないんです。

それを知った上で、ディーンさんの事をこれからも陰ながら応援できればと思います。週刊誌とうのは性質上そのように、悪い噂を流そうとしますがそれも有名税といったところでしょう。

これからも、そのように、ディーンさんのことを良くも悪くも知れることは、それはきっと何か意味がある身体と思います。

ディーンさんが「その事も含めて彼女を好きになった」というには、非常に深い意味があると思います。そんなディーンさんをファンクラブ「ファムバム」がこれからも支えていくでしょう。

神の御加護がありますように。

ディーンフジオカさんのファンクラブ「Fambam」の入会は公式ホームページから

http://www.deanfujioka.net/fc_login/

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

  1. […] ◯ディーンフジオカ妻ヴァニーナさんと双子のカイ君リンちゃんとのエピソードまとめ […]